ReReRe Renovation!

スペシャル企画

官民連携まちづくり塾@北九州

募集中 2019/7/5〜2019/7/7

官民連携まちづくり塾@北九州

2011年から全国50以上の都市地域でリノベーションまちづくりを展開している株式会社リノベリングが、今年も「官民連携まちづくり塾」を4都市で開催いたします!

「なぜ官民連携が必要なのか?」

「上司や議会を説得する方法は?」

「どうすれば公共空間を楽しい場所にできるんだろう」

そんな疑問やお悩みを抱えている方を対象に、官民連携によるまちづくり先進地のリアルを体験する3日間のプログラムをご用意しております。

現地でしか聞くことのできない「裏話」を行政や民間の実践者それぞれの立場からお話しいただくことで、先進地のリアルを体験し考え方やスタンスを学び、ぜひ皆様の活動地域での実践へと結びつけていただければと思います。

今年度開催第2弾の舞台は、「北九州」です。

<北九州市の特徴>

北九州市では「小倉家守構想」の策定をきっかけにリノベーションまちづくりがはじまりました。2011年に全国初となるリノベーションスクールを開催し、アンカープロジェクトとなるメルカートの誕生から22のプロジェクトが生まれました。魚町から中島、若松、黒崎へと派生していき、空き家だらけのエリアで新築の再開発が起こるまで価値が上昇しています。リノベーションまちづくりの聖地として全国のリノベーションまちづくりへ影響を与えています。

#家守 #商店街 #道路の広場化 #リノベと再開発

といったキーワードにご関心のある方々、ぜひご応募をお待ちしております!

スクールマスター

青木 純(あおき じゅん)

(株)まめくらし 代表取締役、(株)nest 代表取締役、(株)都電家守舎 代表取締役、(株)北九州家守舎 取締役、(株)リノベリング 取締役、(株)タンガテーブル 取締役、(株)ルーヴィス 取締役

1975年東京都生まれ。日本の賃貸文化を変革したカスタマイズ賃貸で新しい市場を創造し、経産省「平成26年度先進的なリフォーム事業者表彰」受賞。「青豆ハウス」や「高円寺アパートメント」では住人と共に共同住宅を運営、主宰する「大家の学校」で愛ある大家の育成にも取り組む。生まれ育った豊島区では都電家守舎の代表として遊休不動産の転貸事業や飲食事業「都電テーブル」を展開、「南池袋公園」など公共空間活用も民間主導の公民連携で取り組んでいる。

ライブアクター

上野 貢太郎

北九州市役所職員

1977年生まれ。北九州市立大学経済学部卒業後、2002年に北九州市役所入庁。2009年、産業経済局新産業振興課に配属。2010年の小倉家守構想策定、翌年のリノベーションスクール立ち上げ、開催に携わる。管理部門、東京事務所を経て、今春、産業経済局商業・サービス産業政策課に配属され、再度リノベーションまちづくりの担当となる。

嶋田 秀範

株式会社ワークスープ、らいおん建築事務所 

2009年北九州小倉魚町の中屋ビルの再生事業の依頼を受け、リノベーションまちづくり事業を開始する。梯輝元氏、嶋田洋平氏、嶋田秀範のチームで中屋ビル魚町三番街をリノベーションしてまちづくりを行う三番街事業部を結成。その後「メルカート三番街」「フォルム三番街」「ポポラート三番街」「ビッコロ三番街」のプロジエクトを進める中、魚町サンロード商店街にて「国家戦略特区」道を活用したモデル事業を運営、エリアマネジメント、ファシリテーターとして活動中、現在は嶋田洋平と共にまちづくり事業を推進している。

梯 輝元

福岡県商店街振興組合連合会理事長、魚町商店街振興組合理事長、魚町サンロード商店街協同組合理事長

北九州市小倉北区出身。福岡県商店街振興組合連合会理事長、魚町商店街振興組合理事長、魚町サンロード商店街協同組合理事長。2010年小倉家守講座を受講。2011年6月「メルカート三番街」をオープンさせる。リノベーションスクール@北九州を主宰。魚町サンロードアーケードを撤去し、国家戦略特区の認定を受ける。小倉ホテル跡地活用に関与し、広場としての再生を目指している。

遠矢 弘毅

株式会社タンガテーブル取締役

1986年大学進学を機に鹿児島から北九州に移住。
リクルート、会計事務所勤務ののち財団法人北九州産業学術推進機構にてインキュベーションマネージャー。2010年café causa(インキュベーションカフェ)創業。エリアマネジメントの株式会社北九州家守舎代表取締役、ソーシャルビジネス支援の(一社)ソシオファンド北九州理事、地域ツーリズムの新しい可能性に挑むホステル&ダイニング株式会社タンガテーブル取締役。

椿 辰一郎

北九州市役所職員

1973年 門司区生まれ。1997年北九州市役所(土木)入庁。一定の公務を経験したものの、念願のまちづくりセクションには配属された経験は無いという職歴。

金岡 健

北九州市役所職員

1974年北九州市生まれ。大学卒業後、地元を離れ住宅メーカーに就職し戸建住宅の設計に従事。子どもの出生等を機に北九州へUターンし、2007年北九州市役所に入庁。住宅政策、空き家対策、都市計画等の業務や国土交通省への派遣を経て、2018年4月から小倉都心部のまちづくりに携わっており、旧小倉ホテル跡地の活用(広場)を、北九州版公民連携のパイロット的取組とすべく、関係者との調整を進める。

柿野 高弘

北九州市役所職員

1982年福岡県行橋市生まれ。2006年に北九州市役所へ技術職員(土木)として入庁し、多自然川づくりや技術職員の人材育成などに携わる。2016年に道路計画課へ配属。魚町サンロードの道路空間を活用したエリアマネジメントに官民連携で取り組んでいる。2018年には官民連携まちづくり@紫波に北九州市官民連携チームとして参加。

片岡 寛之

北九州市立大学地域戦略研究所・地域創生学群 准教授、株式会社北九州家守舎 取締役

大学院修了後、ゼネコンで2年間の現場管理業務、シンクタンクで6年間の調査研究業務を経て現職。学生時代に抱いていた、大学での学びと実社会との隔たりへの違和感と、それに対する答えとなる実学重視の想いを胸に、学部運営に携わっている。そして、机上の空論にならぬよう、常に自ら実践し、そこから学習するサイクルを繰り返し、その経験を伝えるよう心がけている。

田村 晟一朗

株式会社タムタムデザイン 代表取締役

1978年生まれ、高知県出身、北九州在住。2012年タムタムデザイン一級建築士事務所をメルカート三番街で設立。2015年~九州工業大学非常勤講師。2017年グッドデザイン賞受賞やリノベーション・オブ・ザ・イヤー2016、2018総合グランプリ受賞等、数々の賞を受賞。その他、「LINKED OFFICE“LIO”」や「室町シュトラッセ」など転貸事業を軸とした再生プロジェクトも企画・運営しており、まちづくりや社会問題の解決などに向け活動している。

福岡 佐知子

株式会社三角形代表取締役

1978年生まれ。福岡県行橋市出身。山口大学大学院(博物・芸術論)修士課程修了。秋吉台国際芸術村、北九州芸術劇場などの公立文化施設やアートNPOでの企画、コーディネート、広報等のマネージメント経験を経て、2012年より北九州市八幡西区黒崎でカタログ△(サンカッケー)というNPOを設立、まちづくりに関わりはじめる。2015年PR・企画部門を法人化、2016年昼はオフィス、夜はワインバーとなる「TR▲NSIT」を開業、2017年12月よりデリカテッセン「コトブキッチン」をはじめる。

清水 義次

株式会社アフターヌーンソサエティ代表取締役、株式会社リノベリング代表取締役

1949年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。マーケティング・コンサルタント会社を経て、1992年、株式会社アフタヌーンソサエティ設立。都市生活者の潜在意識の変化に根ざした建築のプロデュース、プロジェクトマネジメント、都市・地域再生プロデュースを行う。主なプロジェクトとして、東京都千代田区神田RENプロジェクト、CET(セントラルイースト東京)、旧千代田区立練成中学校をアートセンターに変えた3331 Arts Chiyoda、旧四谷第五小学校を民間企業の東京本社に変えた新宿歌舞伎町喜兵衛プロジェクトなどがある。地方都市においても、北九州市小倉家守プロジェクト、岩手県紫波町オガールプロジェクトなどで、民間のみならず公共の遊休不動産を活用しエリア価値を向上させるリノベーションまちづくり事業をプロデュースしている。

開催概要

■期間:

2019年7月5日(金)〜7月7日(日) 3日間 

 

■会場:

福岡県北九州市内

 

■開催者:

主催・企画・運営:株式会社リノベリング 協力:北九州 

 

■プログラム内容:

・レクチャー

・まちあるき(事例視察)

・グループワーク

・講評会

・懇親会

 

■事前課題図書:

『リノベーションまちづくり 不動産事業でまちを再生する方法』清水義次著

『ほしい暮らしは自分でつくる ぼくらのリノベーションまちづくり』嶋田洋平著

 

■事前課題:

詳細につきましては、選考に合格された方にご案内をさせていただきます。

タイムテーブル

官民連携まちづくり塾タイムテーブル ※タイムテーブルは予定であるため、変更する場合があります。あらかじめご了承願います。

受講申し込み

■募集人数:

50名~60名

・公務員(地方自治体職員・都道府県職員・中央官庁職員等)

・民間プレイヤー(家守会社・家守候補・都市再生推進法人候補等)

※3人〜4人一組で参加のこと。原則、公務員 ・民間プレイヤーは別々にチームを組むこと。混合チームでの参加をご希望の場合はご相談ください。

 

■受講資格:

・リノベーションまちづくりに興味があり、自らが実践者となって地域再生に取り組みたい人

・パソコン(ワード、エクセル、パワーポイント)の操作ができる人

・スクールの全日程に参加できる人

 

■申込期間:

二次募集〆切 6月3日(月)23:59

合格発表 6月4日(火)

※主催者側で厳正な審査を行います。受講生の決定は、個別に電子メールにてお知らせいたします。審査結果と併せて事前課題を発表いたします。

 

■参加費:

無料 ※現地までの交通費や宿泊費、当日の飲食費、懇親会の参加費等は受講生の負担となります。

 

■持ち物:

PC(必須)、ポケットWi-Fi(必要な方のみ)、デジタルカメラ(スマートフォン、携帯電話のカメラでも可)、筆記用具等、ご持参ください。

 

■申込方法:

下記の応募フォームよりお申込みください。

※お申込みはチーム毎ではなく、参加者全員個別のお申込みが必要となります。お手数ですが、チームで参加の際、それぞれお申込み手続きを行って頂きますようお願いいたします。

 

■注意事項:

・事前課題があります。課題については、受講決定後にお知らせします。

・受講決定後のキャンセルは、原則できません。

・やむを得ない事情により受講をとりやめる場合は、速やかに主催者までご連絡ください。

お申し込みはこちら

TEL : 03-5904-9603

官民連携まちづくり塾 運営 事務局

その他の募集中のプログラム

NEW

スペシャル企画

官民連携まちづくり塾@熱海

募集中 2019/8/23〜2019/8/25

NEW

スペシャル企画

官民連携まちづくり塾@大東

募集中 2019/8/16~2019/8/18

NEW

スペシャル企画

官民連携まちづくり塾@福山

募集中 2019/6/21〜2019/6/23

ページトップへ